安全日と危険日の計算〜自分を知る〜

今はまだ子供は・・・

愛する人との子供はいつか授かりたいけど
今はまだもう少し二人の時間を満喫したいから
子供は将来の話にしておきたい・・・。

そんな考えや悩みを抱えるアナタに
読んでもらいたいページです。

安全日と危険日の計算方法や
危険日に性交(sex)をした時の妊娠の確立など
簡単にわかりやすく紹介しています。
sponsored link


安全日とは?

「安全日」とは赤ちゃんが出来づらい日のことです。
一般的に言われる安全日というのは、
排卵日を三日過ぎてから次の月経が始まるまでです。

安全日とは?

危険日とは?

危険日というのは妊娠しやすい時期を指します。
排卵の前後が妊娠しやすい時期、
つまり危険日ということになっているのですが、
女性の体はちょっとしたストレスでも
ダメージを受けるほどデリケートにできています。

危険日とは?

排卵日と基礎体温

排卵日は体温が急に低くなった日、
もしくはその翌日だとされています。

しかしこれにすべての人が当てはまる訳ではなく、
人によっては排卵日が前倒しになる人もいます。

排卵日と基礎体温

安全日と危険日の計算方法

◆安全日の計算
・生理が始まって一週間以上前
・生理前から10日間

◆危険日の計算
危険日というのは排卵が起きている期間を指します。
生理が順調な方であれば
次回予定生理日から14を引いた日が排卵日になります。

安全日と危険日の計算方法

オギノ式で排卵日を予測

・精子の生存期間・・・三日
・次回の生理前11日〜18日・・・妊娠しやすい期間
・上記以外の期間・・・安全日


※生理周期は不安定なので、このことを考慮して、
危険日・・・生理前の9日〜12日間

オギノ式で排卵日を予測

危険日にHした場合の妊娠確率

危険日にセックスをした場合の妊娠する確率は
20%〜30%だと言われています。
この数字は排卵日から遠くなるほど少なくなります。

ただし、多くの場合「排卵日」を
特定することはできません。

それは様々な要因で
生理周期がズレてしまうことが多々あるからです。
危険日にHした場合の妊娠確率

生理不順について

・周期が不安定・おかしい
・生理の量が多い・少ない
・生理の日数が少ない・多い


生理に関する悩みは多岐にわたりますが、一般的に生理不順というのは
「生理周期」に異常がある状態を指します。

『生理がこない・・・。』
何かの病気が影響しているのかもしれませんし、少し遅れているだけかもしれません。

生理不順について

妊娠検査薬について

妊娠するとHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という
ホルモンが分泌されます。
このホルモンは母体の尿に排泄されます。

妊娠しない限りHCGは分泌されませんから、
もし検出されたら(陽性)それは妊娠している
ということになります。

※妊娠検査薬だけであれば、
病院で販売しているものも市販のものも
精度に差はあまりありません。
妊娠検査薬について

モーニングアフターピル

モーニングアフターピルは
緊急避妊薬、事後避妊薬とも言います。

・コンドームが破れてしまった(避妊の失敗)
・強姦

上記のような
「望まない妊娠を避ける」緊急時に使用されます。

モーニングアフターピル

様々な避妊方法

・コンドーム
避妊の他にHIVなどSTD を防ぐこともできます。

・経口避妊薬(ピル)
黄体ホルモンにエストロゲンを配合した錠剤です。
避妊を失敗したなどの緊急時には「モーニングアフターピル」が最後の手段として使われることもあります。

・基礎体温法
基礎体温をつけて危険日を知り避妊する方法です。
生理不順の方には使えません。

・ペッサリー
女性の避妊具です。
お椀型のゴムを使って子宮口を塞ぐ避妊法です。
※装着が面倒なのであまり使われていない方法です。

・避妊ゼリー
ペッサリーやコンドームに塗って避妊します。
効果は15分程度しかありません。

 など

様々な避妊方法

おしるしと出産・陣痛の関係

おしるしがくればすぐに陣痛が始まり、出産という流れになるのでしょうか?
答えはNOです。

・おしるしの有無
・おしるしの色・量
・おしるしから陣痛・出産までの時間

これらにすべて個人差があります。

おしるしが来ない方もいます。
生理のように出血がある方がいます。
気をつけて見ないと気がつかないくらいのおしるしが来る方がいます。
茶色のおしるしが出る方もいれば、鮮血のようなおしるしが出る方もいます。

そして、おしるしが来てから一週間経っても
十日経っても陣痛が起こらなくて不安になってしまう方もいますし、
おしるしの翌日や翌々日に陣痛が起こる方ももちろんおられます。

おしるしと出産・陣痛の関係
sponsored link

Copyright(C) 2011 安全日と危険日の計算〜自分を知る〜 Allrights reserved.