安全日と危険日の計算〜自分を知る〜>様々な避妊方法

様々な避妊方法

妊娠を望まない場合、避妊を行います。
避妊には様々な方法があります。
sponsored link


あなたはどの避妊法を選びますか?

・コンドーム
避妊の他にHIVなどSTD を防ぐこともできます。

・経口避妊薬(ピル)
黄体ホルモンにエストロゲンを配合した錠剤です。
避妊を失敗したなどの緊急時には「モーニングアフターピル」が最後の手段として使われることもあります。

・基礎体温法
基礎体温をつけて危険日を知り避妊する方法です。
生理不順の方には使えません。

・ペッサリー
女性の避妊具です。
お椀型のゴムを使って子宮口を塞ぐ避妊法です。
※装着が面倒なのであまり使われていない方法です。

・避妊ゼリー
ペッサリーやコンドームに塗って避妊します。
効果は15分程度しかありません。

・避妊フィルム
膣内(子宮口)にオブラート状のフィルムを入れて避妊します。
効果は2時間程度です。

・粘液法
排卵期には、卵白のような透明でドロッとしたおりものが出ます。
ただしおりものの状態には個人差があり、
この方法だけでは排卵期を知ることはできません。他の方法を併せて避妊します。

・不妊手術
女性・・・卵管手術
男性・・・パイプカット
これらの手術を行うと子供を望めなくなります。



現在、国内でポピュラーな避妊法はコンドームまたはピルに当たります。

エイズ、淋病、梅毒、クラミジアなど性感染症を防ぐ為に
コンドームを愛用している方が増えているようです。
sponsored link

Copyright(C) 2011 安全日と危険日の計算〜自分を知る〜 Allrights reserved.