安全日と危険日の計算〜自分を知る〜>危険日とは?

危険日って?

危険日というのは妊娠しやすい時期を指します。
排卵の前後が妊娠しやすい時期、
つまり危険日ということになっているのですが、
女性の体はちょっとしたストレスでも
ダメージを受けるほどデリケートにできています。
sponsored link


私の危険日は・・・

はじめに説明したとおり、月経周期は簡単にズレてしまって
排卵日を正確に知ることはまず無理なんですね。

つまり危険日を断定することはまずできないということになるんです。

もし避妊をしっかりとしたいのであれば、

・基礎体温をつける
・ピルを内服する
・避妊具を必ず使う(コンドームなど)


これらは基本です。

妊娠してしまったら?

卵子と精子が受精してしまう、つまり妊娠すると、
ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが分泌されるようになります。
このホルモンが分泌されると基礎体温は高温期に突入します。

もし高温期が2週間以上続くのであれば妊娠している可能性があります。

ただ、ストレスなどで生理がいつもより遅れてしまうことはよくあることです。
生理予定日を過ぎても生理がくる様子がなければ、
妊娠検査薬で調べてみるといいでしょう。

安全日と言われる日にコンドームなどの避妊具をつけてセックスをした。
これでも妊娠をする可能性はあるのです。
sponsored link

Copyright(C) 2011 安全日と危険日の計算〜自分を知る〜 Allrights reserved.