安全日と危険日の計算〜自分を知る〜>モーニングアフターピル

モーニングアフターピル

モーニングアフターピルは
緊急避妊薬、事後避妊薬とも言います。

・コンドームが破れてしまった(避妊の失敗)
・強姦

上記のような
「望まない妊娠を避ける」緊急時に使用されます。
sponsored link


中絶とモーニングアフターピル

欧米では一般的に使用されているモーニングアフターピルは、
中絶などと比べると体にかかる負担がかなり軽いと言えます。
ただしおすすめなのはモーニングアフターピルではなく低用量ピルです。

モーニングアフターピルは緊急時における最後の手段と捉えておいてください。

現在日本では年間に行われる人口妊娠中絶手術がおよそ30万件あります。

もしあなたが妊娠を望んでいないのなら、
コンドームの他にモーニングアフターピルも常備しておくのも一つの手です。

前述のような悲しい事故を除いて、
避妊の失敗などはいつでも起こり得ることだからです。

ではモーニングアフターピルの詳細を少し詳しく見ていきましょう。

モーニングアフターピルの副作用

・めまい
・頭痛
・嘔吐
・吐き気


※これらの症状は24時間以内におさまります。

服用方法が正しければ99%以上の効果

行為があってから72時間以内に服用すれば、99%妊娠を防ぐことができます。
(一回服用してから、更に12時間後にもう一度服用します)

モーニングアフターピルは保険適用ではありません。
また性病の予防もできません。
sponsored link

Copyright(C) 2011 安全日と危険日の計算〜自分を知る〜 Allrights reserved.