安全日と危険日の計算〜自分を知る〜>生理不順について

生理不順について

生理に関して悩みを持つ女性は非常に多いです。

ある調査では、何と90%を超える方が
生理について悩んでいると答えています。
sponsored link


生理不順って?

・周期が不安定・おかしい
・生理の量が多い・少ない
・生理の日数が少ない・多い


生理に関する悩みは多岐にわたりますが、一般的に生理不順というのは
「生理周期」に異常がある状態を指します。

『生理がこない・・・。』
何かの病気が影響しているのかもしれませんし、少し遅れているだけかもしれません。

しかし一番先に疑うべきはやはり「妊娠の可能性」です。
性交渉がある方はまず妊娠検査薬で検査をしてみることをおすすめします。
(例えばコンドームで避妊していたとしても、100%の避妊はできません。)

「性交渉がない」、「妊娠検査薬の結果が陰性である場合」は
以下の可能性が考えられます。

ホルモンバランスの崩れ

『生理が始まった時から定期的に生理がきたことなんてない。』
『職場の人間関係で悩み始めてから生理が不規則になった。』
『更年期になって生理が不安定になった。』


精神的ストレス、そして更年期の症状が原因で
ホルモンバランスが崩れ不安定になる生理。

例えば第二次世界対戦中。
世界中の女性の多くに、「無月経」の症状が出ていました。
"戦時無月経"と名前がつくくらい、多数の女性が生理不順を起こしていたのです。

このことからも心身が生理周期に大きな影響を与えることが分かりますね。

生理不順をそのままにしておくのはよくありません。
病院を受診して医師に相談してみましょう。
その際にできれば、基礎体温を持参すると治療がスムーズになります。
sponsored link

Copyright(C) 2011 安全日と危険日の計算〜自分を知る〜 Allrights reserved.